産後ケア

産後の骨盤矯正

出産した後に、股関節痛や腰痛がひどくなってしまうことや、体重や全身のボディバランスやプロポーションが、なかなか以前のように戻らないという場合があります。

それは、産後に骨盤が歪んでしまうことが一つの原因です。
妊娠した後の女性の骨盤は、女性ホルモンの分泌が多くなり、少しずつ出産しやすい身体になるために骨盤が開いていきます。
出産時は、恥骨や仙骨も開き、骨盤全体が大きく広がるため、骨盤が緩みきった状態になってしまいます。

その緩んだ状態の骨盤は、出産後に子宮が6週から8週位にかけて元の大きさに戻っていきます。それと同時に骨盤も元の形に戻ろうとするのですが、その戻る過程で歪んだままで骨盤が閉じてしまうと、その歪んだ状態で骨盤が固まってしまいます。
しかし、出産の後もしばらくは女性ホルモンの分泌が多い状態であるため、骨盤のまわりの靭帯が緩まっていて、矯正が効果的な時期でも足ます。

そのため、正しく骨盤の歪みを正せば、キレイなボディプロポーションやくびれも夢じゃありません。また、尿漏れ改善、腰痛改善など、出産の後について回る身体の悩みを解消に導いていくことも可能です。

出産した後すぐは、まだカラダが回復しきっておらず、骨盤も緩まったままなので、ダメージを受けやすい状態です。そのため、時期的に産後早い段階ですと、逆効果になることも念頭に入れておかなくてはいけません。産後1か月の検診で特に異常がない場に、医師に相談して施術を受けるかどうかを決めるのが安心です。

もし整体院をお探しの方で、横浜市内で骨盤矯正を受けたい方は是非行って見てください!

You may also like...